クレイフィールドBLOG(投資×ライフハック)
資産運用、稼ぎ方、メンタル、ライフハック、FIREへの道のり
人生100年時代を豊かに逃げ切る方法
金融リテラシー

賢い保険の入り方とは?

PayPay証券

日本人の多くが「付き合いで」とか「なんとなく」で入っている保険。

ちゃんと考えて入るか、よく知っている人にアドバイスをもらって入らないと

将来、困ってしまう事態になりかねません。

『保険』というのは保険会社との「賭け」なのです。基本的には個人が損するようにできています。

なぜなら保険契約者のうち保険請求する人の方が少ないからです。

そして保険会社が賭けに勝てるような仕組みでないと保険会社は存続できません。

この賭けに少しでも損する可能性を潰せる期待値をあげるために知っておきたいことを記載していきます。

保険募集人(営業担当者)はあなたのお金を守ってはくれません。

自分のことは自分で守る時代です。

そんな記事を書いていきたいので、最後までお付き合いいただければと思います。

結論から

MDRT資格も持った保険代理店の担当者から日本のインフレに負けないような保険設計を考えてもらい、長期で加入できる保険に入るのがベストです。

(MDRTとは保険募集人のうち数%の人だけが持っている会員資格で、多くの人から選ばれている証しです。)

最終的にはこんな話につながっていきますが、興味のある方は続きをどうぞ。

保険入ってる?

保険に入っていない人はいないかと思いますが、

もしものときの備えとして入るのが、保険ですよね。

ただ、独身で養う人がいないのであれば死亡保険に加入

する必要はないように思います。

どんな保険が必要で、どうゆう目的で入るのかが

分かるようになります。

どう選んだ?

この記事を読んでいる方はどのように保険を選びましたでしょうか?

私は、保険について深く考える前は、自分で調べて、最安のネット保険に入りました。

ところが、いろいろなセミナーに参加してみると

選び方をしっかり考えないと、ゆくゆく損してしまう

ということが話題に上がっていました。

保険にはいろいろな種類があります。

<死亡保障>

<医療保険>

<個人年金>

大きく分けて3つに分かれます。

保険料の払い方についても

<掛け捨て>

<貯蓄性>

2つに分かれます。

例えば、医療保険です。

毎月2000円の掛け捨てで、先進医療付きを契約していたと

しましょう。65歳までの契約で現在30歳。

一体いくら払うのか?

840,000円です。

・・・・・捨てています。

保険の請求事案が起こってしまえば損か得と言ってる

場合ではないでしょうが、

もし、保険請求しなかったら捨てるお金です。

私もこんな風には考えなかったですが、実は

かなりの金額を捨てそうになっていました。

私は掛け捨てではなく貯蓄性の保険に入り直しました。

どんなものかは後述したいと思います。

自分にベスト?保険会社に寄付?

それから、自分の身の丈にあった、保険に入っているでしょうか?

普通のサラリーマンの人で、死亡保障が3億円も出る保険に入っていたら

それは入りすぎですよね。

ただ、こんな入り方ができるのはお金のある人だと思うので、

入りたくても契約できません。

それから、何歳で保険料を払い終わらせるか?

何歳から保険料が上がってしまうのか?

何歳になったら保険の対象外になってしまうのか?

例えば身の丈にあった保険の65歳までの間に

払い続けるよりも、10年間で払い切ってしまった方が、

総支払額は抑えることができます。

が、

毎月の支払額はかなり高額になります。

保険料が途中で上がるかどうかも、きちんと見ておかないと

節目の時に上がってからでは困ってしまいますよね。

今加入している保険が自分のライフスタイルと規模に

合っているかというのは点検された方がいいと思います。

返戻率って知ってますか?

返戻率という言葉を聞いたことがあると思います。

私は学資保険に養老保険を利用しています。

(養老保険とは死亡保険金と満期時の返戻金がほぼイコールになる

性質の保険のことです)

娘の進学に合わせて返戻金が100%を超えるように設計して

毎月の保険料も調整してもらっています。

例えば、途中で「やっぱやめよう」となった時には、普通

解約を選択すると思います。

が、

解約してしまえば、払い込んだ保険料が半分も戻ってこない

ということが起きてしまいます。

こうなったら、払い損ですよね。

なので、途中で辞めたいとなった時には

「払い済み」という選択をします。

どうゆうことかというと、以後保険料は払込しないことにするのですが

満期まで保険会社に預けて、払い込んだ保険金が返戻率100%を上回るのを待つ

という仕組みです。

こうすれば、払い込んだ保険料が毀損することはありません。

ではでは、本題に戻りまして、自分にベストな保険か?

良くない保険かを考えていきましょう。

まずは、掛け捨ての保険は前述した通り、払ったお金は戻ってこんないです。

貯蓄性の保険はというと払い込んだ保険料が、満期時に戻ってきます。

私が入った保険は2種類で、「がん保険」と「医療保険」です。

医療保険は保険料が月額約3,000円。がん保険も約3,000円です。

これを65歳までの保険期間中はずっと払い込んでいき、満期時に全額が戻ってきます。

どのくらいかというと126万円が2種類で252万円が戻ってきます。

ただの保険ですが、老後の足しにはなりますよね。

こんな感じにMDRTの保険屋さんにベストな保険を見つけてもらって教えてもらう。

これをすれば、将来お金に困る確率が減りますよね。

ちなみに、大手保険会社で加入せず、保険代理店で加入しました。

なぜそうした方がいいかというと、保険会社1社からベストな保険を

見つけるというのは無理な話で、数十社の中から保険商品を見つけた方が、

より良い保険が見つかるのは当然のことです。

もう一つの考え方があります。

それは、「投資を保険でやる」です。

どうゆうことかというと、自分で投資をやるのは怖い

けど、将来のお金も心配。という人は

個人年金を選ぶ方がいいと思います。

大手保険会社だと、日本国債や外国国債で運用しているのに対して、

他の保険会社の中には世界の株式、不動産、為替、コモディティで運用して

満期時に高い利回りを狙っていこうという保険商品を扱っています。

私が加入しているのは大手外資系保険会社が出している保険で

先進国、新興国のそれぞれの株式、債券などに投資をしています。

このまま順調にいけば返戻率が200%を超えますし、満期時に

すごく景気のいい状況であれば、300%を超える可能性もある

保険商品です。

「こんなうまい話があるわけない」

と思われるかもしれませんが、理論上可能です。

というのは、例えば世界、とりわけ米国は年+7%で株価が上昇しています。

これを複利で運用すると30年~35年後に300%もあり得る

数字なのです。

おそらく、自分で保険を探しているだけではこの保険商品に

辿り着かなかったと思います。

このように投資性があるものを保険で行うと効率も良いですし、

死亡した時も家族へ残すものができるので良いですよね。

【まとめ】

・自分では探しきれない保険商品は専門家に選んでもらうのベスト

・担当してもらう保険募集人はMDRT資格を持っている人(詳しくはググってください)

・お付き合いで入っている保険があなたを守ってくれるか見直してください

・これからはドルが強くなり、円の価値が下がります。インフレ状態になった時に

 国内で運用されている保険ではインフレに勝てません。なので海外で運用される保険に入るが

ベスト。

こんな感じで、将来に残す資産を最大化できるように考えています。

ではでは。

ABOUT ME
クレイフィールド
群馬県出身、群馬県在住、福祉系大学卒業後、商品先物取引の営業を経て福祉職へUターン。現在は病院の関連施設で福祉職として働いている30代サラリーマンです。私が30年後の明るい将来を叶えるために今すべきこと、現在進行形で実践していることを書いていきます。投資、副収入サイト、法人とのアライアンスなどを紹介しながら、成功するまで突っ走る予定ですのでご参考にしていただけたら嬉しいです。
クレイフィールド/年収400万のサラリーマン/セミリタイア目指す/米国株/トラリピ/高配当積立投資
YouTubeチャンネルもあります!!