クレイフィールドBLOG
資産運用、稼ぎ方、メンタル、ライフハック、FIREへの道のり
人生100年時代を豊かに逃げ切る方法
成功へのマインド

運気をあげるために知っておくべき7項目

PayPay証券

はじめに

運気を上げて成果が向上すれば、上げる価値ってありますよね。

そんな、みんな大好き「運」について考えていきたいと思います。

運気ってなに?

じゃんけんで勝つ可能性を高めること?

宝くじで高額当選を引くこと?

営業で良いお客さんと巡り合うこと?などなど

私は色々な因果関係に「運」を重ねます。

小さい時からそうでした。

「このシュートが入ったらこの勝負勝てる!」など、

その後の未来を占うことをしたり、

「この人との巡り合わせは幸運だった」

などを考えたことがあります。

運って偶然ってことも多いですよね。

占い通りになることもあれば、そうならないこともあります。不思議ですよね。

ではこの運を引き寄せるために取った方がいい行動について考えていきます。

1、運も実力のうち

「運も実力のうち」という言葉がありますが、例えばラッキーでシュートが入ったりすることがあります。しかし、このシュートは「まぐれ」という部分が大きいというより、行動した結果、シュートが入ったという方が正しいと言えます。

シュートは打たないと入りませんし、パスをしたらゴールは決まりませんし、「外れる」こともできません。

要は、選んだ選択肢が合っていたからラッキーな展開になった。しかし、このラッキーは日頃の努力が実を結んだ結果だと私は考えています。

努力をしない人にラッキーはあり得ないということです。

2、無知を知る

はて、何のことか?

それは、いい選択肢を用意して、ベストな選択肢を選べるかどうかで結果は変わります。

そして、1から10までの選択肢を知っているなら11から100までの選択肢も知ると、もっとベストな選択肢があったかもしれません。

だから無知を自覚しなければいけないですし、知らないことをできるだけ減らす努力が必要になります。

3、生活に関わることは?

このブログのテーマに沿って考えていきますが、例えば、太陽光発電と蓄電池です。太陽光発電は投資という側面とインフラという側面があります。そして、ここに蓄電池を合わせることで、停電が長期化しても何とか必要最低限の電気は賄えるというメリットがあります。もちろん非常時のための蓄電池ですので、本領発揮のいい機会です。しかし、1週間2週間と停電が続いている中にあっては蓄電池も荷が重すぎると思います。

10kwの蓄電池を搭載していても曇りが続くような天気では太陽光パネルからの発電が不十分で蓄電池がフル充電されないということも起こり得ます。そうすると徐々に蓄電は空になってしまう。

だとすれば、リーフなどの電気自動車を持っていたらどうだったか?

リーフは太陽光発電からの蓄電もできるし被災していない地域で充電して帰って来れば、自宅に電気を供給することができます。

「あったら便利!!」で飛びつく前に家庭内の電気の需要と供給や設備の費用対効果をようく考えてどの選択肢がベストなのかを選ぶことが必要で、無知を極力減らしていく努力は必要になります。

4、味方を増やす

結構重要なのですが、自分の味方となってくれる人を増やすと、いざという時に助けてくれます。

例えば、保険のエキスパートが味方にいれば、損する保険商品をつかむことはないですし、いざ、保険請求をするときにはその後のアドバイスもくれます。

または、友人の輪を広げておけば友人の友人が助けてくれることもあるでしょう。

ビジネスにおいては「人脈」ですし、SNS上ではフォロワーということにもなっていきます。

この味方を増やすことのメリットは「自分がエキスパートになる必要がない」ということでしょう。その分あなたは違うことに時間を投資することができるのでもっと違う価値を生み出すことができるかもしれません。

5、学習すると勘が当たる

運だけで勝負するのと、学習して、間違えの選択肢を一つでも減らせるとその後の結果は変わります。なので「運だけでここまできたんだよ」と言っている人がいても、その人はかなりの量の勉強をしたり、経験から学ぶことを続けてきたのだと思います。多くのインプットをすればあなたが目指している未来を少し早く手にすることができると思います。凡人は必殺技の「勘」を出す場面であっても、優秀な人はロジック的に考えて正解の選択肢を掴むことができます。この差が学習だと思います。

6、確率論では辿り着けない

ラッキーが続くことは何度もある訳がないです。「人生は選択の連続だ」というのをテレビで見たことがありますが、まさにそうだと思っています。

例えばサイコロの1を1回出すのと3回続けて出すということを比べたら1回出すことの方が簡単です。

このように転がす回数が多くなれば自然と成功への道は遠くなります。

が、

経験したことを当てはめていき、2と3を1に書き換えることができら1を出す確率は2分の1となり確率は上がります。

要は、何となく物事をやっていても成果は永遠に出ない可能性があるので、経験から「出る目」を限定させることができれば成功はもっと近くなるということです。

7、良い選択肢×行動

最後です。いい選択肢とは経験から学んだことによって新たな選択肢を増やすことであり、選択肢としてふさわしくないものを除外することで良い選択肢が残ります。そして、選択肢に応じて行動を起こしてみることも大事です。時間がないからと後回しになんてしたら良い選択肢の鮮度も落ちてしまいます。できる限りスピーディーに行動することがオススメです。

まとめ

世の中に「運」というものは存在すると思います。しかし、その運を手繰り寄せるためには、経験値やデータを収集して選択肢を絞ることが必要です。その結果良い選択肢を選ぶ可能性を上げることができます。そして、学習の積み重ねでも運を掴むことができると考えています。私たちが「運が良かったね」と称賛する出来事の中には、当事者自身はとっくに正解を知っている。なんていうこともあります。

良質なインプットと成功への最短ルートを正しい知識で走る努力が運を引き寄せるという結果になるのだろうと思います。

すごく抽象的な表現しかできず、まとまりませんが、3年前の私が知っていたらもっと違うルートを走れたかもしれないですし、私自身のマインドを固定するために書き起こしました。

ではでは

ABOUT ME
アバター
クレイフィールド
群馬県出身、群馬県在住、福祉系大学卒業後、商品先物取引の営業を経て福祉職へUターン。現在は病院の関連施設で福祉職として働いている30代サラリーマンです。私が30年後の明るい将来を叶えるために今すべきこと、現在進行形で実践していることを書いていきます。投資、副収入サイト、法人とのアライアンスなどを紹介しながら、成功するまで突っ走る予定ですのでご参考にしていただけたら嬉しいです。
クレイフィールド/年収400万のサラリーマン/セミリタイア目指す/米国株/トラリピ/高配当積立投資
YouTubeチャンネルもあります!!