クレイフィールドBLOG
資産運用、稼ぎ方、メンタル、ライフハック、FIREへの道のり
人生100年時代を豊かに逃げ切る方法
成功へのマインド

お金について学ぶべき理由とは?

PayPay証券

今回はお金はとても大切なものという話をしていきます。

これを見ることで半分の人はもっとお金の知識を身につけたいと考えると思います。

もう半分の人はお金の話から目をそらし、考えないことを選ぶと思います。

最後に自分はどっちになったか評価してみて下さい。

幼少期の教育について

私は小さいころ「うちは貧乏だからおもちゃは

買えないよ」と育てられました。

しかし、父は私が所属しているミニバスの

チームのみんなにアイスを差し入れしてくれました。

幼心に「は?あるじゃん!!」

とムッとしたことをまだ覚えています。

しかし、ゲームソフトは年に1回買ってもらえただけ

「・・もらえただけ」はキーワード①ですw

父の教育はおそらく「甘やかさない」

「なんでも手に入るとは思って欲しくない」

と考えていたはずです。

↑今、私が父になりすごく当たり前に

自分もこう考えています。

だけど、実は貧乏というのは建前で、

食べることや着る服に困ったことは

ありませんでした。

『教育』だったのです。

今から20年30年前の話です。

↑ここもキーワード②になります。

学校教育の限界

学校教育ではそれなりの大人に

なるための教育をしてくれます。

・・・

そりゃそうです。

・・・

税金で義務教育を受けているんですもん。

稼げるビジネスパーソンになるためには

専門の教育が必要です。

お月謝を払って週1回稼げる大人に

なるための塾に通えれば稼げる大人に

近づけると思います。

↑お金に困らないための塾を群馬県で

やりたいと妄想しています。

クラファンで資金集めたいな・・・

そんな話はどうでも良いのですが、

義務教育でお金の勉強をやらないのなら

代わりに誰かがやるべきです。

そう、これを見ている親が

子供のために教育をするべきだと

私は思っています。

大学に進学した私のアルバイト・・

当時はスマホもなく、これほどSNSが

普及しておらず、情報に触れる機会が

ホントに少なかった私は、

一生懸命自分の時間を削って

アルバイトをしまくりました。

学生なのに1日12時間くらいバイトを

していることもありました。

ランチタイムのキッチンをこなし

ディナーを制圧し、その足で

派遣の製本工場でバイトしました。

相当お金が欲しかったのだと思います。

なんせ「うちは貧乏」と育てられたから。

うちの父は立派な人で、責める余地は

まったくありません。

時代の流れが父をそうしたと思います。

これを読んでくれたら父も

賛同してくれると思いますが、

これからはマネー教育と稼げるスキルを

親が子に教えていく時代になる。

私はそう考えています。

俺はお金に困ってないからいらない

数年前にふとしたことで

友人とお金の話をしたことがありました。

「もっと稼ぎたいって考えたことある?」

「お金に困ってないから考えてない」

友人の回答はこうでした。

人にはそれぞれの考え方があるので

その考え方は否定しません。

とはいえ、この考え・・・

成長がストップしてしまうワードですよね。

『何も考えたくない』

『今のままがいい』

こんな考えが浮かんだ時点で

人の価値はそこから伸びないと思います。

今回はお金のことにフォーカスして

解説するので、趣味や楽しみのことに

ついては触れずにいきますが、

この豊かな日本社会で自分が成長するのを

止めたら、

確実に置いて行かれます。

こういうマインドが

「俺困ってないから・・」

という言葉に隠れていると思います。

過去と現在を見て未来を予測する

バブル期の1989年あたりは

年功序列、終身雇用、年次昇級が

当たり前の時代でした。

今もその余韻で私たちは

お給料をもらっています。

しかし、日本という国は

少子高齢化、労働力不足

経済の衰退という道が色濃く

示されている状況にあります。

何を意味するかというと、

私の父の世代のような賃金アップや

年収は取れなくなってくる。

ということです。

20年後に縮小される産業もあるでしょう。

業績が伸びる業種は人ではなく

AIやロボットに置き換わり

浮いた人件費は会社が溜め込んでいきます。

私たちの賃金の伸びは鈍くなり

豊かな生活をする割合は減っていくと

私は考えています。

そんな時に重宝されるのは

義務教育とは違うカテゴリーを

学んだ人たちです。

子供に何を残してあげられますか?

私自身、将来子供に何を残して

あげられるか?

少し前から考えています。

・・・

・・・

稼ぎ方?

お金の残し方?

知識?

経済の流れ?

まずは私の考えをアウトプットし

その情報を選択してもらうことで

子供に知識を残せると考えて

このブログも構成しています。

お金のことだけでなく、

人生の楽しみ方。

人との関わり方。

お金の増やし方。

みんな大事です。

ですが、大半の問題は

お金で解決できる問題ばかりです。

↑ここ重要だと思います。

まずは稼げる人間になってもらいたく

色々と、このブログに知識を

集めているとことです。

↑便利な時代になりましたねw

最後に・・・

はい!ここでキーワードの回収をします。

キーワード①です。

「買ってもらえただけ」というマインドは

与えてもらうことが当然で、自分で

買いたいという願望を金銭によって

『自分の力で』

解決してこなかった結果です。

私は子供に、

「買うためにはどうしたら良いか?」

という問題を乗り越える為の考え方を

教育の一つとして教えたいと思います。

キーワード②です。

20年30年前の教育が現在でも

通用するでしょうか?

答えはNoです。

古い教育とは言いません。

ただ、

時代に合わせた教育をしないと

子供は過去の自分より

成長することはありません。

これからの人材(子供)を

『強いままニューゲーム』させる為に

(↑ゲームでいう「コンテニュー」の意)

現在の・・・

資本経済の・・・

働き方の・・・

技術の・・・

最先端を教育しなければ

子供に資産を残してあげられません。

(資産とは『お金』よりもっと広義の意)

そう考えています。

教える為にあなたは

どんな勉強をしていますか?

動機付けとしては

『マネー知識』から学ぶと

モチベーションが保ちやすいと

私は思います。

ではでは。

ABOUT ME
クレイフィールド
群馬県出身、群馬県在住、福祉系大学卒業後、商品先物取引の営業を経て福祉職へUターン。現在は病院の関連施設で福祉職として働いている30代サラリーマンです。私が30年後の明るい将来を叶えるために今すべきこと、現在進行形で実践していることを書いていきます。投資、副収入サイト、法人とのアライアンスなどを紹介しながら、成功するまで突っ走る予定ですのでご参考にしていただけたら嬉しいです。
クレイフィールド/年収400万のサラリーマン/セミリタイア目指す/米国株/トラリピ/高配当積立投資
YouTubeチャンネルもあります!!