クレイフィールドBLOG
資産運用、稼ぎ方、メンタル、ライフハック、FIREへの道のり
人生100年時代を豊かに逃げ切る方法
メンタル

仕事の判断基準は自分の中にしかないという話し

PayPay証券

判断基準は自分の中にしかないという話し

昨日より今日、今日より明日と考えて

日々改善しながら仕事をしている人は多いと思います。

私も、そう考えて毎日の仕事をしています。

そうした毎日を送ることで成長し、

成長の段階で様々な基準ができてきます。

例えば、「今日は利用者さんに寄り添った相談ができた」と感じる時もあれば、「今日はなかなか利用者さんから理解を得られる話し方ができなかった」

というように

話し方のスキルの基準が

なんとなくできてきます。

そして、

「あの職員はできてるか?」

「あの職員よりも仕事をこなせたか?」

ということを考え過ぎると次第に

その思考は他罰的な思考になります。

(他罰的とは起きた不幸や失敗を自分ではなく他の人のせい(責任)にしてしまうということ)

これを自分ではなく、

他者にも当てはめていくと

他者と自分を比較するようになります。

他者と比較して自分を改善する方法を

考えるというのはやった方がいい

ことですが、「あの人は全然仕事をしない」

というように他者を気にする行動は

自分のモチベーションを下げるし、

生産的な行動ではないと考えています。

他者のことばかり気にしているということは

利用者さんへの配慮が疎かになり、

結局のところ仕事の達成度が低下

してしまうことにつながると私は思っています。

自分と相手を比べがち

とはいえ、人というのは

他者と自分とを比べてしまいがちです。

するとどうなるか?

『私にできてあなたにできない』

   ↓

『あなたはできないスタッフ』

   ↓

『職場に不満』

というサイクルを自分で作り出してしまいます。

これは自分のストレスになるだけでイライラします。

他人にもっと良くなって欲しいのであれば

情報共有して改善点を伝えて、

改善してもらう方法が

ありますが、そこまで親切な職員は

私の職場では少ないです。みんな

「あの人はできない」止まりなのです。

だったらそんなこと考えず、

自分のスキルを磨くことに集中

した方がいいと思っています。

相手に「仕事ができないやつ」

というレッテルを貼っても

生産性は上がらず、なんら問題の解決にはなりません。

相手と比較してイライラしたり、不満を溜めることは

よくありがちですが、精神衛生上やらない方が

健全なマインドが保てるので、比較はほどほどにしましょう。

それから、「仕事ができないやつだ!」

という思考になりがちな人は

マウントを取りたがる人だと言えます。

相手より優位に立つことが生き甲斐で、

プライドが高く、他者の意見を

受け入れにくい性格でしょう。

そういった考えになる人と

一緒に仕事をするのはあなたのスキルを

低下させる可能性があるので、

解決のために上司や頼れる同僚に

相談した方がいいでしょう。

または、このブログを見て

職場に依存しない働き方を

マネしてください。

続けていれば職場に頼らない

生活ができると思います。

個々の能力に差があるのは当然

競争して勝ち負けをつけるスポーツなどは除外しますが、人の行動を比べるのは意味がありません。

なぜなら能力には個人差があるからです。

私はスキルをgiveする人でありたいと考えているので、

他人にスキルを伝える労力は全く苦になりません。

その伝えることを苦にして他人を批判することは

職場環境の向上にはまったく貢献しません。

(ちなみに営業の成績を比べるのも意味がありません。なぜならその成績はあなたが出会ったお客さんからの評価だから。もっと評価が上がる1人称の努力が必要です。『お客さんのためにどうゆうプレゼンが出来たか』という結果が成績です。成績は伸ばすのではなくお客さんのために行動していくものです)

個々の能力には差があるのは当然なので、

そこを補い合ったり、時には

スキルの共有も必要になると思います。

できていない事を見つけて評価する

引き算の評価より、できてる事を評価する

足算の評価の方が、モチベーションも上がりますし、

「良いこと評価」の考え方がポジィティブにさせ、

発する言葉も変わると思うし、変える必要があると思います。

ですので、私は他者を非難、比較などをしなくなりました。

その前にスキルの提供をして、改善できればヨシ。

できなければ一緒にできる方法を考える。

できる方法が見つかった時には

私の中のマニュアルが増えます。

私も1ステップ成長できる。

そう解釈しています。

比べた結果どうなる

比べるということは優劣をつける事になります。

できてる人ができていない人を叱る

という現実がありますが・・・

その叱るという行動は劣ってる人の基準とは

別物なので意味のない行動になってしまう。

大袈裟にいえば、

早起きできない人と早起きしない人の

「起きない」理由は全く違うのです。

生活リズムの違いや早く起きる必要がない

という背景があるかも知れません。

ですので、結論を見て教育・指導するのでは無く、

プロセスを見て指導してあげないと

相手は改善することができません。

プロセスに焦点を当てないと、

またすぐに「起きない人」に戻ってしまいます。

具体的には「早く起きるために、早く寝る」なんていうのが解決のプロセスだったりしますので、結論だけを変えようとしない方が良いと思います。

まとめ

自分の中にある基準は

相手と違うということを知り、

相手に合う改善方法を提示してあげると

押しつけにはなりません。

結果的には双方が気持ちよく関わることが

できるようになるでしょう。

一緒に仕事をする人の基準が

統一されていなければ、

共有・指導して改善していく。

できたところを評価してモチベーションを上げて、

さらなる改善をしていく。

これは心理学でいう「ピグマリオン効果」を流用しています。否定をせず、肯定していく。その中で「期待」をかけると相手は成長してくという効果を使うとお互いに成長できると思うので、活用してみてください。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

参考になったと感じていただけましたら上の【〇〇のブログ】というブロックをクリックしていただけたらと思います。更新の励みになります!!

ABOUT ME
クレイフィールド
群馬県出身、群馬県在住、福祉系大学卒業後、商品先物取引の営業を経て福祉職へUターン。現在は病院の関連施設で福祉職として働いている30代サラリーマンです。私が30年後の明るい将来を叶えるために今すべきこと、現在進行形で実践していることを書いていきます。投資、副収入サイト、法人とのアライアンスなどを紹介しながら、成功するまで突っ走る予定ですのでご参考にしていただけたら嬉しいです。
クレイフィールド/年収400万のサラリーマン/セミリタイア目指す/米国株/トラリピ/高配当積立投資
YouTubeチャンネルもあります!!