クレイフィールドBLOG(投資×ライフハック)
資産運用、稼ぎ方、メンタル、ライフハック、FIREへの道のり
人生100年時代を豊かに逃げ切る方法
節約について

毎日買い物する人は〇〇円損する?!

PayPay証券

毎日食べものの買い物はしますが、コンビニVSスーパーという視点でどのくらいの経済的差が出るのか検証してみました。

基本情報は私の日頃の行動を基にしていますので、個人差があると思いますが、参考になりましたら幸いです。

毎日買い物する人は〇〇円損する?!

コンビニでの買い物に抵抗がある私は節約志向だったり、貧乏性だと自負しているのですが、毎日の通勤途中のコンビニでその日のお弁当を買うと、なんと!毎月5,000円損している!ということが分かりました。

で、『私は毎日お手製のお弁当を持って行っているからすでに節約済です!』

という人にはあまり学びが無い内容ですが、食費で見たコストの差を洗い出してみたいと思います。

出勤時の私のお弁当は?

私がいつも仕事に持参しているお弁当は夕食で作ったスープか味噌汁の残りと白飯で、日替わりで白飯にかけるレトルトが変わるというようなメニューです。

スープはジップロックのスクリューコンテナと白飯はジップロックコンテナに入れいていきます。

日替わりレトルトはと言うと、普通のカレー、キーマカレー、中華丼、牛丼などのレトルトを持っていきます。

大体1食300円くらいで納まってしまいますし、野菜がたくさん入ったスープでそれなりに栄養は取れているはずです。

コンビニのお弁当はおいしいが・・・

コンビニのお弁当は私が持っていっているお弁当より『圧倒的に』美味しいと思います。

味付けははっきりしているし、冷えても美味しく食べれるようにといろんなノウハウが詰め込まれています。

とはいえ、コンビニのお弁当、高くないですか

1つ400円から500円は軽くかかります。「もう少し足したいな」と思えば700円くらいはいってしまいます。

それからコンビニのお弁当とスーパーのお弁当を比べると100円から200円くらいは高いと思っていて、スーパーのお弁当が1食あたりの妥当な金額と思います。

なので、私はコンビニでお弁当を買いたいと思わないのです。

(もちろん、弁当を作る時間がなかったり、スーパーで食材をほとんど買わないという人はコンビニのお弁当の方が良いのかも知れませんので、一概にコンビニ弁当が割高とは考えていません。私の生活スタイルであれば持参した方が安かったということです)

スーパーの方が格段に安い

スーパーで食材を買ってきて、それをお弁当に詰めて持っていくと格段に安くなるという話をします。

例えば「唐揚げ」コンビニで買えば4つで150円くらいでしょう。スーパーでは4つあたり80円くらいで買いことができます。

私がいつも持って行っているカレーでいえばコンビニなら500円くらいしますが、家から持っていけば揚げ物をトッピングしても300円くらいで済んでしまいます。

やはりスーパーで買う方が安くお弁当を食べることができるのです。

この200円の違いが、一月20営業日もあると、4,000円も差が出てきます。この積み重ねで小銭を貯金して行くと後々、すごい金額になると思いませんか!?

そして、ドリンクです。コンビニで飲み物もセットで買いますよね?次の章で飲み物のコスパを見ていきます。

コーヒーなどの飲み物代にいくら払っていますか?

仕事のお供といえば飲み物ですが、人それぞれ好みの飲み物があると思います。

炭酸飲料、お茶、水、コーヒーなどなど。

この飲み物をどこでどう買うかでもコストを抑えることができます。一番高いのはコンビニのものだと思います。毎朝コンビニで買い物をしたついでに飲み物も買っていませんか?

それに比べて最安なのは家で作る麦茶でしょう。我が家では1年中麦茶が冷蔵庫でストックされています。

麦茶は200ℓ作るのにたったの200円です。水代含めても1ℓあたり2円程度しかかかっていません。激安です。

私的には水はあまり飲みません。なぜなら味が無く、気分を変えられないからです。

でも麦茶なら色も味もついているので、付加価値のついた水分としてコスパ最強だと思っています。

その他にはコーヒーも持っていきます。コーヒーはスーパーなどで手に入るこれです↓


ということで、1回持っていっても60円くらいです。

ということはコーヒーと麦茶で合計1ℓ持っていっても60円くらいで済んでしまう計算になります。かたやコンビニで500㎖のお茶とボトルコーヒーを買ったら300円くらいはしてしまいます。差額は240円です。これを毎月20営業日でやっていると4,800円もの違いが出てきます。

合計の差はいかほどに?

毎日の買い物は楽しいし、味も変えられるから楽しみの一つにはなります。

しかし、節約の観点で言えば、コンビニでのお弁当購入はあまりお勧めできません。

オススメできない理由は、『高いから』です。もちろん、この意見に反対の人もいるでしょうが「節約したい」と考えている人は参考にしてみてください。

気になる節約の効果についてですが、飲み物で4,800円、食事で4,000円の節約ができることが分かり、合計で8,800円が一月に節約できることになります。年間で計算すれば105,600円になりますので、節約のインパクトはかなりあると思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

参考になったと感じていただけましたら上のブロックをクリックしていただけたらと思います。更新の励みになります!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まとめ

ここまで、「節約をした方がいい」という視点で話を進めてきましたが「食」に関しては個人的な志向もあるので、1つの案として読んでいただければと思います。

それから、お得意の「投資的」視点でこの節約効果を検証すると、年間10万円の配当を受け取るためには200万円の投資資金が必要になりますので、200万円の投資を成功させていることと同じ効果があると考えています。

そして、この節約で「年間10万円」を投資に回して複利で運用して行くと・・

10年後には総額1,242,258円を貯めることができる計算になります。

20年後には総額3,288,269円になります。

ちなみに20年後に328万円貯めることができますが、このうち投資で増えた金額は136万円です。

「頑張って節約してもたった124万?」と感じる人もいるかもしれませんが、普通のサラリーマンがセミリタイアや老後資金を貯めるためには小さな積み重ねが必要になってきますので、節約ができる人は実践した方が良いよ〜という内容でした。

このように、日々の節約が「投資に置き換えると・・」という視点で節約の価値を見つけていくと節約を継続するモチベーションになるかと思いますので、節約を楽しんでみてください。

ABOUT ME
クレイフィールド
群馬県出身、群馬県在住、福祉系大学卒業後、商品先物取引の営業を経て福祉職へUターン。現在は病院の関連施設で福祉職として働いている30代サラリーマンです。私が30年後の明るい将来を叶えるために今すべきこと、現在進行形で実践していることを書いていきます。投資、副収入サイト、法人とのアライアンスなどを紹介しながら、成功するまで突っ走る予定ですのでご参考にしていただけたら嬉しいです。
クレイフィールド/年収400万のサラリーマン/セミリタイア目指す/米国株/トラリピ/高配当積立投資
YouTubeチャンネルもあります!!