クレイフィールドBLOG(投資×ライフハック)
資産運用、稼ぎ方、メンタル、ライフハック、FIREへの道のり
人生100年時代を豊かに逃げ切る方法
株式投資

楽天証券米国株トレード2021年1月から3月の投資結果まとめ

PayPay証券

はじめに

この記事をご覧いただくと、米国株投資でどうやって利益を作ってきたのか?どんな銘柄をトレードしていたのか?ということが分かるようになると思います。

とはいえ、楽天証券米国株トレードの記事は今まで作ってこなかったのですが、作らなかった理由は、ナンピン(買い増し)したり、ゲロ吐きながら含み損を耐えている時期が長いので、定期的な記事として面白みがないと思ったので作ってきませんでした。

しかし、年末も近いですので、一定期間をまとめて記事化していこうと思います。

もし、誰かの参考になれるようでしたら嬉しいです。

それではいきましょう。

クレイフィールド

このブログでは年収400万円、
福祉系サラリーマンの凡人が
FIREを目指すために実践して
いることを発信しています。
↓投資内容↓
✅PayPay証券
(旧ワンタップバイ)
✅トラリピ
✅SBIネオモバイル
✅楽天証券NISA
✅米国株投資
長期分散高配当投資です。

Twitter:@clayfild4works
Facebook:@shinoBLOです。
ついでにフォロー
<いいね>もどうぞ。

1月から3月の投資結果まとめ

3ヶ月の合計収益は2,601.4ドルで日本円に換算すると225,970円ということになりました。

今回の合計金額を『3』で割って月利換算を出すとすると、月間利回りは3.7%となりました。これは私の投資カテゴリーの中でトップの利回りを叩き出したことになります。

ちなみに3.7%を12倍(12ヶ月)すると45.19%となり、年利換算では45.19%という結果になりそうです。

これが年間を通して維持できるか?それが重要になってきます。FIREを達成するためには高利回りを維持していかなくてはならないので、年間の利回りが落ちないように、月利3.7%と年利45.19%は基準値になると考えています。

それから、この時期にトレードしていた銘柄の中には11月現在で、大きく暴落している銘柄もあって、売って良かった銘柄もありました。

そこに関しては良い振り返りの機会になりそうです。

で、今後記事にもしていく予定ですが、私の保有銘柄の中には米国のアークインベストメント(運用会社)が保有する銘柄もあるので、今後もタイミングを見てトレードしていきたいと思っています。

どんな銘柄をトレードしたの?

ではどんな銘柄をトレードしていたかというと、以下のようになっています。

  • ハワイアンエアライン
  • ズームビデオ
  • ロケットカンパニーズ
  • プラグパワー
  • エマージェントバイオソリューション
  • シェブロン
  • バンブル
  • レモネード
  • クラウドストライク
  • ブリストルマイヤーズ
  • サンパワー
  • コカコーラ
  • カーニバル
  • バリックゴールド
  • スターバルク
  • シフト4ペイメント
  • デニーズ
  • スクエア
  • セールスフォース
  • アストラゼネカ

という銘柄をトレードしていた訳ですが、これらは自分で見つけ出したものはありません。YouTubeやTwitterにはこれらの銘柄が注目される理由が掲載されていました。

その銘柄情報とチャートを見比べて見て買ったら利益出るかどうかを考えながらトレードしていました。

銘柄解説をしていきます

今現在(2021年11月)では値上がりを期待していない銘柄や、買っても利益が出る地合いではない銘柄としてはサンパワー、バリックゴールド、デニーズ、シフト4ペイメント、バンブル、あたりかなと思っています。

サンパワー

同社は太陽光発電システムの供給販売をしている企業です。

株価は低位を這っていましたが、上昇に転じているようなチャートに見えます。とはいえ、グリーンエネルギー関連として爆騰した過去があって売り圧力が溜まっているように見えるので買いづらいと考えています。

バリックゴールド

同社は産金会社です。金利が下がる局面では金価格が上昇しやすいです。そして、金価格上昇から同社の株価にオペレーティングレバレッジがかかり株価は金価格上昇の数倍の上昇をするようになっています。

ところが、ドルの利上げが待ち受けているので、金価格はもう少し安い水準を維持するように思います。ということはこの銘柄もしばらくは安くなるように思います。

デニーズ

同社はレストランチェーン店です。悪くない銘柄とは思いますが、ここを買うならもっと値上がりを期待できる銘柄があるので、そちらを保有することを考えてみたいと思います。

シフト4ペイメント

同社は決済処理プラットフォームを提供する会社で、ゲーム内の通貨を現実世界でも使えるようにするための技術を持っています。

私が見た時には株価は80ドル台でしたが、今は下落傾向です。今後メタバースが流行ってくるとこの決済システムに注目が集まる予感がしますので、チャートが反転してきたら、また買ってみようと思います。

バンブル

同社はマッチングアプリを提供している会社で、マッチングサービス最大手のマッチグループで働いていた女性社員が独立して設立した企業です。

上場は2020年の10月で、チャートを見ると上場来安値あたりを推移している。この手のマッチングアプリは男女をマッチングするだけでなく、仕事や趣味のマッチングをするためにも使うので、アフターコロナには業績は回復してきそうですが、それが買われていないということはそれなりの業績低迷要因が織り込まれているかもしれません。

だから、今はまだ買い迎えないということになります。

米国株投資の大事なポイント

米国株の株式市場の規模は45兆ドル(約5,000兆円)を超えています。世界全体に占める市場規模は40%でぶっちぎりの大きさを誇っています。この規模の大きさというのが米国市場が成長を続けていけるポイントだと考えています。

米国株投資でうまく立ち回る方法としては話題性と資金流入規模が大きいところに投資を行うということです。言わずもがなですが、S&P500の構成銘柄というのは、資金流入がたくさんあります。だから、S&P500やNASDAQに入っている銘柄を買うことがいいと思いますし、とりわけNASDAQの構成銘柄のように『ハイテク・グロース』銘柄に投資をしておいた方が資金流入はあるし、成長性が期待できると思います。

例えば日本人100万人が毎月1万円だけS&P500に連動する投資信託を買うだけで100億円の買い需要が発生します。年間で1,200億円です。すごい金額ですよね。つみたてNISAの口座開設数は金融庁のデータでは2020年12月時点で300万口座だったようです。

これが、米国株投資をする時に忘れてはならないポイントです。

ちなみに日本株の市場規模はというと世界全体の6%と言われており、およそ700兆円です。

これをみるだけでも、『日本市場の小ささ』が明確ですし、お金の集まるところに投資をしておいた方が、投資家の資産は大きく増えることが分かりますよね。

今後の注目セクターと話題

では、ここからは今後の注目銘柄を考えていきたいと思います。今回の記事では1月から3月の間にトレードした銘柄から今後の株価上昇を期待する銘柄をピックアップしていきたいと思います。ではどんな銘柄に注目しているかはこちらです。

注目銘柄
  • ハワイアンエアライン
  • シェブロン
  • レモネード
  • クラウドストライク
  • カーニバル
  • スクエア
  • セールスフォース

上記の銘柄はこれからも徐々に成長が見込める銘柄やアフターコロナで業績が回復してきた時に話題になる銘柄だと考えています。

上記の会社のおさらいをします

ハワイアンエアラインはハワイ州とアメリカ本土を結ぶ航空路線を保有している航空会社です。

シェブロンは言わずと知れた石油メジャーです。

レモネードはAIを使って保険料金の最適化を行う保険会社です。

クラウドストライクはエンドポイントセキュリティーソフトを提供する会社です。

↑もっと知りたい方は社名をクリック↑

カーニバルクルーズは豪華客船を運行している会社。

スクエアは電子決済プラットフォームを提供している会社で、アフターペイ買収でBNPLにも参入しています。

セールスフォース.comは顧客管理のネットプラットフォームを提供している会社です。

続いてはこちら

  • ズームビデオ
  • サンパワー
  • シフト4ペイメント
  • プラグパワー

上記の銘柄はコロナ禍銘柄としてとてつもなく買われた銘柄だったのですが、2020年後半や2021年の前半で大きく株価が下がってしまい、今後の反転に時間がかかるように思っている銘柄です。

とはいえ、ズームビデオはゲロ吐きながらホールドしてますし、他の銘柄も2022年には反転上昇があるんじゃなかろうかと考えています。

最後に

ということで、今回の記事では2021年の1月から3月に私がどんなトレードを行ってきたかを振り返ってみました。

米国株投資を始めた2020年夏頃はETFでの投資を考えてきましたが、SNSを見ているうちに「ハイテクグロースの銘柄」に投資をした方が収益率が高く、資産規模を大きくしやすいと考え、このようなトレードを行なってきました。

2021年にも大きく株価を伸ばした銘柄はありますし、今年注目されなくても2022年に復調、上昇する銘柄はあると思います。

また、2021年年末あたりからセクターのローテーションなどが起これば相場はガラリと流れが変わると思っています。

株式投資の大事なことは流れに逆らわないということだろうと考えています。

伸びるセクターにタイミングを見計らって分散しながら資金を入れつつ、決算の動向に注視していくと、投資した金額は徐々に伸びてくると思います。

このあと、4月から6月の投資結果まとめと7月から9月の投資結果まとめも出していきますので、続きをご覧になりたい方はTwitterをフォローしていただくと更新のお知らせが通知されます。

☆追伸☆

株式投資は情報が命です。YouTubeやTwitterではたくさんの銘柄への言及をしている人がいますので、その人たちをフォローしていると稼げる投資家になれると思います。

一緒に資産形成していきましょう!!!

ABOUT ME
クレイフィールド
群馬県出身、群馬県在住、福祉系大学卒業後、商品先物取引の営業を経て福祉職へUターン。現在は病院の関連施設で福祉職として働いている30代サラリーマンです。私が30年後の明るい将来を叶えるために今すべきこと、現在進行形で実践していることを書いていきます。投資、副収入サイト、法人とのアライアンスなどを紹介しながら、成功するまで突っ走る予定ですのでご参考にしていただけたら嬉しいです。
クレイフィールド/年収400万のサラリーマン/セミリタイア目指す/米国株/トラリピ/高配当積立投資
YouTubeチャンネルもあります!!