クレイフィールドBLOG
(投資×ライフハック)
資産運用、稼ぎ方、メンタル、ライフハックFIREへの道のり
人生100年時代を豊かに逃げ切る方法
PayPay証券

【毎月コツコツ積み立て投資】PayPay証券で米国株を運用中。2021年12月の運用実績とは?

PayPay証券

はじめに

2022年はバリュー株の年になることから高配当銘柄で構成されているPayPay証券の積み立て投資がアウトパフォームしそうな雰囲気が出ています。なぜそう思うか?バリュー株がなぜ良いのか?ということについて解説してみたいと思いますので、最後までお付き合いいただけたらと思います。

それではいきましょう。

クレイフィールド

このブログでは年収400万円、
福祉系サラリーマンの凡人が
FIREを目指すために実践して
いることを発信しています。
↓投資内容↓
✅PayPay証券
(旧ワンタップバイ)
✅トラリピ
✅SBIネオモバイル
✅楽天証券NISA
✅米国株投資
長期分散高配当投資です。

Twitter:@clayfild4works
Facebook:@shinoBLOです。
ついでにフォロー
<いいね>もどうぞ。

12月の投資結果まとめ

先月配当をもらった企業は以下のようになっています。

配当
  • NVIDIA 4円
  • クラフトハインツ 231円
  • ネクステラエナジー 29円
  • コカコーラ 182円
  • スリーエム 187円
  • ウォルグリーン 213円
  • エクソンモービル 378円
  • シェブロン 157円
  • IBM 287円
  • ダウケミカル 281円
  • Microsoft 28円
  • ファイザー 226円
  • インテル 69円

合計は2,278円となりました。

決済収益は【なし】ということで、配当の金額が2,000円を突破しました。

この調子で行くと今年の年末には4,000円を突破してきそうです!!

一月に4,000円・・・

4,000円・・・

少ないと見るか?多いと見るか?

スマホ代が補填できるくらいになりましたね。

米国市場を振り返る

では続いて、2021年12月の株式市場を振り返ってみるとこんな感じでした。

株式市場はギクシャクした展開でした。

12/15にFOMCがあって市場予想と一致した声明がでたことによって大きな混乱もなく経済イベントを通過することができました。

とはいえ、12月は『タックスロスセリング(損出し)』や『クリスマス休暇』があって上昇一辺倒ではありませんでしたが、SP500は高値更新をしていました。

上記はSP500と連動するVOOというETFの日足チャートです。12月中ばに一旦下落したところはタックスロスセリングでしょう。その後上昇して新年を迎えたという感じです。

12月中旬のこの押し目は絶好の買い場だったことが分かります。

そして、この画像は1/8のもので、一旦の下落が落ち着いてきたように見えます。もしかするとここは押し目で1月後半にかけて上昇するかもしれないと私は考えています。

来年の投資戦略考える

それでは次に、2022年の投資ストラテジーを考えていこうと思います。

当ブログやYouTubeチャンネルでも何回も話題にしていることですが、2022年はバリュー株の年になると考えています。

なぜなら、米国がいよいよ利上げを行いますので、金利が上がるとグロースセクターが割高になり、投資妙味が落ち、バリューセクターに資金が回ってくるからです。

で、バリュー株の時代に入ってくるとなると、PayPay証券でおこなっている『高配当積み立て投資』の時代がやってくる!ということになります。

高配当銘柄というのは『歴史ある巨大な優良企業』だったりするので、戦略的には『継続して積み立てる』ということになります。

それから、次の章ではインデックス投資とバリュー株投資どちらが良いのか?ということも考えていきたいと思います。

S&P500よりバリュー株なのか?

私はS&P500に連動する投資信託も、バリュー株も、両方保有しているわけですが、2022年はバリュー株の方が安定するのではないかと考えています。

その理由は以下の通りです。

  • S&P500を牽引しているのはGAFAM
  • 500社中GAFAMの構成比率は23%
  • 上値が軽いのはバリュー株
  • バリュー株でも狙うセクターがある

こんなところでしょう。

よく言われるのはS&P5S&P495のパフォーマンスを比較すると・・という情報を見ます。こんなに開きがあります。

出典はこちら<https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2009/11/news032_2.html

それから、コロナ前の株価を回復していない銘柄はバリュー株にたくさんあって、NASDAQに構成されている銘柄は既にバリュエーションが高くて株価の上昇余地が少ないと考えています。

となると、楽天証券トウシル<https://media.rakuten-sec.net/articles/-/35066>の画像にあるようにダウ30などのオールドエコノミーの株が買われるターンがくると考えています。

そして、2022年に買いたい銘柄のセクターは

  • 銀行
  • 航空
  • クルーズ
  • 工業
  • サービス業

を狙いたいと考えています。

高配当の優良銘柄を持たなあかん

続いては、高配当銘柄について考えてみたいと思います。

キャピタルゲインを狙ってトレードしていくのであれば、高配当銘柄を持つのは少しにしておいた方がいいと思うのですが、資産形成のための投資を行うのであれば『高配当銘柄』を保有しておくことをおすすめしたいです。

なぜなら、キャッシュリッチ企業に投資をしておけば、長期的にあなたのために配当を払い続けてくれますし、米国の優良企業ならキャピタルゲイン(値上がり益)を期待できます。

これが、日本企業だとそうもいきません。日本企業の稼ぐ力は年々低下しています。それは日本の人口減少と国際競争力がなくなっているからです。

このことに気付いていれば、日本株ではなく米国株を選ぶと思います。

なぜ高配当株なのか?

で、高配当の優良企業というのは、すべからくバリュー株です。

2022年に関しては米国の利上げ初期ということからグロース株よりバリュー株が買われるので、バリュー株にシフトしておいた方がいいということになります。

なぜグロース株が買われなくなるかというと株価の評価においては長期国債の利回りが関係してくるからです。

国債金利利回りが上昇すると企業は借入のペースが落ちて事業の拡大が鈍化したり、金利利回りが上昇すると国債の価格は下落するので、債券を買い易くなります。

その結果、債券に資金が流入し易くなり、株価の方は上がりにくくなります。これが、金利と株価の大まかなシーソーの関係です。

そのシーソーの中で財務優良なバリュー株は比較的金利上昇に強いです。

理由は『債券以上に配当が出せている』ということが挙げられるからです。

だから、金利上昇局面ではバリュー株が買われるということです。

最後に

ということで、直近では債券利回りが上昇し出したタイミングであるということを踏まえると財務優良な高配当銘柄が買われると考えているので、しばらく(半年くらい?)はバリュー株の上昇が目立つ時期になると思います。

反対に、グロース株は決算を通過するたびに株価下落と好業績と金利上昇ピッチが釣り合って株価の下落は落ち着いてきます。

そして、好業績を好感してグロース株に注目が戻ってくることになるので、しばらくグロース株はお休み期間ということになります。

私のコアサテライト投資のコア部分の投資方針はこれまで通りで変わりませんが、サテライト投資の部分はバリュー株にシフトしていこうと思います。

一緒に株式トレードの勉強をして資産形成していきましょう!

PayPay証券

✅私も使っているPayPay証券✅
詳細確認は上記のリンクからのぞいて見てください。
ここから口座開設もできます。

クレイフィールド

YouTube登録者170万人
突破のお金の大学。
両学長の書籍を買いました!
孫の代まで使える教科書です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

本当の自由を手に入れる お金の大学 [ 両@リベ大学長 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/9/30時点)



☆★☆★☆★☆★☆★☆

にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンタルトレーニングへ

参考になったと感じていただけましたら上のブロックをクリックしていただけたらと思います。更新の励みになります!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆

ABOUT ME
クレイフィールド
群馬県出身、群馬県在住、福祉系大学卒業後、商品先物取引の営業を経て福祉職へUターン。現在は病院の関連施設で福祉職として働いている30代サラリーマンです。私が30年後の明るい将来を叶えるために今すべきこと、現在進行形で実践していることを書いていきます。投資、副収入サイト、法人とのアライアンスなどを紹介しながら、成功するまで突っ走る予定ですのでご参考にしていただけたら嬉しいです。
クレイフィールド/年収400万のサラリーマン/セミリタイア目指す/米国株/トラリピ/高配当積立投資
YouTubeチャンネルもあります!!