キャンプアイテム PRが含まれます

キャンプ用テントの種類と選び方について

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

はじめに

アウトドア活動の一つであるキャンプは、大自然を満喫するための素晴らしい方法です。

そして、その楽しみを最大限に味わうためには、適切なキャンプ用テントの選び方が重要です。

この記事では、初心者でも理解しやすいように、ソロ用、2〜3人用、ファミリー用といったターゲット別に、テントの大きさ、持ち運び、設営の方法について説明します。

クレイフィールド

このブログではファミリーキャンプについての情報を発信しています。

楽しみ方、キャンプ場、キャンプギアなどの紹介をしていきますので、何かしら参考にしていただけたら嬉しいです。

Twitter:@clayfild4works
Facebook:@shinoBLOです。
ついでにフォロー・いいねもどうぞ。

自己紹介はこんな感じです。

テントの選び方

ソロ用テントの選び方

ソロキャンプは、自然を一人で楽しみたいという方に最適です。そのためのテント選びのポイントは以下の通りです。

  • 大きさ:ソロ用テントは通常小さく、寝るスペースと荷物を置くスペースがあれば十分です。
  • 持ち運び:重量とパッキングサイズが小さいものを選ぶと、移動が楽になります。
  • 設営の方法:簡単に設営できるものが望ましいです。ワンポールテントやポップアップテントなどがあります。

2〜3人用テントの選び方

友人やパートナーとキャンプする場合、2〜3人用テントが最適です。選び方のポイントは以下の通りです。

  • 大きさ:寝るスペースだけでなく、中で過ごすスペースも考慮するとよいでしょう。また、荷物の量に応じて適切な大きさを選びます。
  • 持ち運び:重量はそれほど問題にならないかもしれませんが、パッキングサイズは車への積み込みや収納に影響します。
  • 設営の方法:人数が多ければ設営は比較的簡単になりますが、それでも迅速に設営できるテントが望ましいです。

ファミリー用テントの選び方

家族全員でキャンプを楽しむ場合、適切なテントの選択が楽しみを大きく左右します。

  • 大きさ:家族全員が快適に過ごせるスペースが必要です。また、プライバシーを確保するために複数の部屋があるテントもあります。
  • 持ち運び:ファミリーテントは大きく、重くなります。しかし、設営のしやすさと快適さを優先することが多いです。
  • 設営の方法:ファミリーテントはその大きさから設営に時間がかかることがありますが、一部のテントは簡単に設営できる設計になっています。

テントの形状について

キャンプテントは様々な形状があり、それぞれ特性と利点があります。

ドーム型テント

その名の通りドーム(半球)形状のテントで、安定性が高く風に強いという特徴があります。

また、設営も比較的容易で、初心者にもおすすめの形状です。

寝室の他に前室がついていて、靴の脱ぎ履き、荷物置き場など便利に使えます。

ツールームテント

2つの部屋が独立している形状のテントで、一部屋は寝室として、もう一部屋はリビングや収納スペースとして使用することができます。

プライバシーを確保したいファミリーキャンプに適しています。

ワンポールテント

中央に一本のポールで支える形状のテントで、設営が簡単で軽量なため、ソロキャンプやバックパッキングに適しています。

ロッジ型テント

直立した壁と平らな天井を持つ形状のテントで、立って過ごせるスペースがあります。家族での長期キャンプやグループキャンプに最適です。

どれもキャンプではよく見かけるテントの形状です。

どれが優秀とか、劣っているというものではなく、外見の見た目、好みで選ぶといいと思います。

テントを制作しているメーカー

キャンプテントを制作しているメーカーは世界中に多数あります。以下に、その一部を列挙します。

  • コールマン(Coleman):アウトドアギアのトップブランドで、耐久性と機能性に優れたテントを提供しています。
  • ノースフェイス(The North Face):高品質なアウトドアギアで知られ、そのテントも同様に評価が高いです。
  • モンベル(mont-bell):日本のアウトドアブランドで、多様なニーズに対応したテントを提供しています。
  • キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG):日本のブランドで、手頃な価格で高品質なテントを提供しています。初心者や家族キャンプに特に人気です。
  • スノーピーク(Snow Peak):日本の高級アウトドアブランドで、デザイン性と耐久性を兼ね備えたテントを提供しています。グランピングにも適しています。

まとめ

キャンプ用テントの選び方は、キャンプの楽しさを大きく左右します。

ソロキャンプ、2~3人用、ファミリーキャンプと、それぞれのシチュエーションに合わせたテント選びを心掛け、素晴らしいキャンプ体験を手に入れてください。

ABOUT ME
クレイフィールド
群馬県出身、群馬県在住、福祉系大学卒業後、商品先物取引の営業を経て福祉職へUターン。現在は病院の関連施設で福祉職として働いている30代サラリーマンです。私が30年後の明るい将来を叶えるために今すべきこと、現在進行形で実践していることを書いていきます。投資、副収入サイト、法人とのアライアンスなどを紹介しながら、成功するまで突っ走る予定ですのでご参考にしていただけたら嬉しいです。
クレイフィールド/年収400万のサラリーマン/セミリタイア目指す/米国株/トラリピ/高配当積立投資
YouTubeチャンネルもあります!!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。