クレイフィールドBLOG
資産運用、稼ぎ方、メンタル、ライフハック、FIREへの道のり
人生100年時代を豊かに逃げ切る方法
成功へのマインド

金持ち父さんのパワー投資術を読んで①

PayPay証券

この記事はロバートキヨサキ氏著の金持ち父さんシリーズを読んでみて、私に当てはめながら考えたことを掲載していきます。

まだ読んでいる途中なので、今後も続けて掲載していこうと考えています。

ファイナンスのリテラシーを高めよ

金持ち父さんはこう言っています「あなたの一番の資産はその頭脳です」と。続けて、証券会社や銀行営業マンから誘われる話にのると思い通りのリターンを得られていないし、他の成果を得られていない人と一緒になってしまう。リターンを生み出すには詳しい人からのアドバスを何人もの人からもらって、舵を切っていく必要がある。それが正しいと判断出来るリテラシーを学ぶ必要がある。と。

販売会社の言いなりにならない

ここまでをまとめると、儲かる投資商品(投資信託や株式など)を売っている会社が勧めた通りに買うことは期待通りのリターンが得られないことがある。それを判断できるリテラシーを習得しておく必要もある。それらの理由は後で掲載していきたいと思います。

そして、六つの異なるファイナスカテゴリーとして不動産、キャッシュフロー、ビジネス、銀行、会社組織、税法の相乗効果を利用して、少ない資金とリスクでリターンを得ていくことが重要と話しています。

どれか一つ二つではあなたが望むリターンを得ることは不可能だそうです。投資で成功するためにはそれなりの学習や試行錯誤が必要で、金持ち父さんから学んだロバートキヨサキさんも10年もの月日をかけてスキルを上げていったそうです。

賢い投資家は学び続ける

それから、投資が危険ということではなく、投資家のリテラシーの無さが危険なのである。というふうにも言っています。投資対象に時間を投資して調べ、比較し、答えを出す作業が出来るか否かで成功への回り道が出来る。良い投資、悪い投資は時代によって変わるから、学ぶことで成功への回り道が分かり、もっと学ぶことで最短ルートを見つけ出すことが出来るようになる。賢い投資家はより良い投資を探し、学び続ける。それができないと損をしてしまう。とのこと。

私も、知識ゼロの時から14年学習してきたが、まだ成功の方法に辿りつけていない。しかし、100人の同年代の人よりはファイナンスに詳しくなっている自信はある。

金持ち父さんはこう言っています。「自動投資のプログラムにお金を入れるだけではそれ以上のことは学べない稼働する仕組み、市場の方向性、どの分野がエクステンションするか学ぶ必要がある」と。お金を入れるだけではもっとリターンがあってリスクの低い投資を探すチャンスを失ってしまうのです。

ロバートキヨサキさんはお金を取ったのは誰かということを考えたことはあるだろうか?と質問しています。

誰かといえば「政府」でだそうです。消費税、源泉徴収税、分離課税など収益の20%を納めないといけないということであれば、投信やロボアドの信託報酬が1%で高い!と言ってることをはるかに上回る数字だ。この税制を合法的に回避するには個人で行うには限度があるし、有効な手は打てない。ところが、法人で事業として行うと税制に対して防衛策を打つことができる。ちなみにどの企業も当たり前にやっていることなので、法を犯すことは一切ない。

詳しくは私の法人のススメなどの記事を読んでいただきたと思います。

ロバートキヨサキさんはプロの投資家は他人のお金と、時間を使ってプラスのキャッシュフローを買い、売り抜けたり、育てていく。それを加速度的に行うことを生業としている。これを理解していればあなたはあなたのためにお金を使うことが出来る。と言っています。

それから金持ち父さんの教えはキャピタルゲインを目指して投資をするのではなくインカムゲインを目的にすることが必要であると言っている。牧場主がお肉を出荷するとい考え方ではなく、酪農家のように乳を絞って売り、資産である牛はそのまま残すということ。そしてこのインカムゲインで得られるキャッシュフローについて、水を運ぶパイプラインと例えている。最初は園芸用のホースほどだが、次第に太く強固なものにアップグレードさせていくという考え。この時のキャピタルゲインの例えは重たいバケツを引きずって運んでいるという考え方。パイプラインを太くさせるために、たまには多少キャピタルゲインも取り入れるが、キャッシュフロー、レバレッジ、税制、インカムゲインの順で重要視しているとのこと。(キャッシュフローとはどこにお金を投入するか決めたり、動かすこと)

ここまでのまとめ

私にできそうなこととしては、今現在もやっている株式投資やソーシャルレンディングでインカムゲインを得ながらFXで少しづつキャピタルゲインを狙っていくという方法。そしてまだブログの記事にはしていませんが、フリマでの出品にも力を入れており、これが安定してくれば、キャッシュフローを得ることができるので、このキャッシュフローとFXのキャピタルゲインを使ってパイプであるインカムゲインを得るための投資資金に再投資してパイプを徐々に大きくしていこうと考えています。

このように私は1年後2年後に2倍3倍の収益を狙うための投資ではなく、将来的に生活の保障をしていけるだけのキャッシュを残すための計画をしているし、金持ち父さんにこれからも最短ルートを教えてもらおうと考えています。

ではでは

ABOUT ME
アバター
クレイフィールド
群馬県出身、群馬県在住、福祉系大学卒業後、商品先物取引の営業を経て福祉職へUターン。現在は病院の関連施設で福祉職として働いている30代サラリーマンです。私が30年後の明るい将来を叶えるために今すべきこと、現在進行形で実践していることを書いていきます。投資、副収入サイト、法人とのアライアンスなどを紹介しながら、成功するまで突っ走る予定ですのでご参考にしていただけたら嬉しいです。
クレイフィールド/年収400万のサラリーマン/セミリタイア目指す/米国株/トラリピ/高配当積立投資
YouTubeチャンネルもあります!!