クレイフィールドBLOG
資産運用、稼ぎ方、メンタル、ライフハック、FIREへの道のり
人生100年時代を豊かに逃げ切る方法
成功へのマインド

金持ち父さんを実践してみる3

PayPay証券

3、節税

3ー1、年末調整の活用

これをご覧いただいている多くの方は年末調整の時に還付される税金があるのではないかと思います。

年末調整の仕組みとしては「会社で前もって払っていた税金が多すぎたので、12月に調整して還付しましょう」という仕組みです。払っている税金が多いほど還付される金額が多いはずです。そして、単に多いだけでは帰って来ず、「生命保険の支払い額や扶養家族の有無、障害者と生計をともにしている」などによって返ってくる金額が違います。「保険」だけでも「生命保険」「医療介護保険」「個人年金」がありそれぞれで控除の上限がありますので、うまいこと活用できると控除を最大化することができます。それから住宅ローン控除があります。10年の期限付きですが、税金の控除が拡大されます。年末調整の活用において、自分でコントロールできる箇所は多くないですが、まあまあ長くが返ってきますので、詳しく調べる価値があります。

3ー2、住宅ローン減税

住宅ローンの額に応じて年末調整で税金の還付があります。10年間の期限つきで年末時点でのローン残債の1%が還付されますが、私のような低所得者は払っている税金が少ないので、還付できる金額が少ししかありません。家を買う時にこの点について住宅販売の営業の人から説明があると思いますが、この辺りも基準に家の額を決めても良さそうです。それから基本は、払っている所得税分から控除されて、所得税を還付しきってしまったら、住民税も還付されることになっています。私はこの少ない還付金を、使わずにとっておき、新年度の固定資産税の支払いに回しています。このような使い方をしている人は多いと思いますが、先々のことを見据えた使い方をオススメします。

3ー3、ふるさと納税

言わずと知れたふるさと納税ですが、皆さんは活用できているでしょうか?

先述しましたが、私は還付される税金が少ないので、ふるさと納税はやっていませんが、妻はしています。例えば20,000円を納税するとすると、自己負担分の2,000円を差し引いた18,000円が所得税や住民税から控除されます。

現金で行う場合はこれでおしまいです。しかし、別の納付方法もあります。それは楽天市場で買い物をした時に取得したポイントが使えるということです。期間限定ポイントなどのポイントを利用して納税をすることができるのです。現金を使わなくて済むことや、いらないものを買ってポイントを消費するならこちらのふるさと納税をした方が、お得に納税ができます。楽天市場のポイントってまあまあたまるし、使わずに失効させるならふるさと納税に利用しても効率がいいと思います。

3ー4、不動産の活用

不動産を持つことで、年金の代わりとしての機能やキャピタルゲインを狙うことは一般的な話ですが、それ以外にも節税効果が得られます。

具体的には・・・をお伝えしようと思いますが、間違ったことをかけないので詳しくは不動産のサイトを見ていただくことにして概要をお伝えします。

1、減価償却費として建物が古くなったらその分資産価値が目減りしたという計算をするので、所得が数万から数十万の「損失」として計算されます。

これでサラリーマンの給与を圧縮できる効果が得られます。

2、不動産を管理するにあたり、費用を経費として計上することができます。連絡をとるために使ったケータイ代、光回線代、切手代などの通信費。関連する交通費として自動車に関わる費用(例えば、ガソリン代、高速代、駐車場代、電車代、タクシー代など)。

3、不動産関連のセミナー、書籍、情報誌など

4、不動産投資の関係者と共に飲食をした経費など

様々な節税方法がありますが、全てエビデンス(証拠)が揃っていることが前提ですが、かなりの節税になります。しかも、税務署が、この経費について否認することができなければ概ね通ると書籍には紹介されていました。

不動産投資は奥が深いです。

3ー5、関係のある税制の知識を学ぶ

税制に関してはかなり複雑なので分かりやすいところをシンプルに書いていきたいと思います。

押さえておきたいポイントは

所得税、住民税、雑所得の税金、固定資産税、年末調整です。

所得税とは文字の通り、所得(お金を得る)があったお金に対してかかる税金です。

住民税とは前年の所得に対して市町村に払う税金です。

上記2つがサラリーマンの給与にかかってくる税金です。

おおよそ、支給給与に対して合わせて20%の額が上記2つの税金額になってきます。

20万円の支給がある方は4万円が上記2つの合計の税額です。

サラリーマンではこの税額をいじることはできません。

経営者や個人事業主ですと税金対策をすると合法的にこの税額を減らすことができます。

次に雑所得にかかる税金です。

これはサラリーマン給与以外の所得が雑所得になります。

株式投資、FX、仮想通貨、講演料、アフィリエイト報酬、などなどで給与以外の収入を得ていく訳ですが、株式投資には源泉徴収ができる制度があるので、確定申告が不要になる選択肢がありますが、それ以外は確定申告が必要です。

最後に年末調整に関して押さえていきます。

みなさん年末調整をしてお金を戻してきた経験があると思います。

仕組みとしては「会社が払いすぎた所得税や住民税を個人へ還付させる」手続きとなります。

例えば、年末調整には自分で医療保険をかけている人は税金の控除(差し引かれる)がされます。だから、年末調整をしてお金を取り戻すことができるのです。

しかし、控除の額には上限がありますので、やたら高い保険に入っていても控除しきれず、払い損していることもありますので、保険の見直しは必須の行為だと思います。

ちなみに固定資産税に関してですが、自宅を購入してから払うのですが、3回目の税金支払いから額が2倍になります。(減税措置がなくなるため)私はこの減税策が終了して、2倍になることを知りませんで、届いた支払い書をみて驚愕してしまいました(笑)

4、節約術

基本的なライフラインの使いすぎを節約するというのはすでにやっているかと思うので、それ以外で考えていきます。

4ー1、クレジットカードの活用

クレジットカードを使っている人はかなり多いと思いますが、まだ「あまり使わない」人もいるようです。クレジットカードの選び方でだいぶ差が出る可能性もありますので、自分にとってお得なカードを選びたいものです。

例えば、ガソリンスタンドで勧誘がよくある「GSブランドのカード」です。このクレカで給油をすれば8円引きになったり10円引きになったりします。そして毎月50ℓ給油してれば、500円くらいお得になる計算になります。しかし、こういったカードでは通常の買い物の還元率が他のクレカの「半分」なんていうこともあります。そうすると普通のカードを持っていた方がお得に使えるという考え方もできます。

私が、持っているのは楽天カードです。楽天市場で買い物をすることが多いのでこのカードを作りましたが、それ以外でも1%のポイント還元をしてくれます。楽天市場での利用はというと常時5%分のポイントがつきますし、過去の記事でも書きましたが、楽天モバイルを利用していますのでここで+1%。それから楽天銀行を利用していますのでもう+1%。アプリからの購入でさらに+1%の還元で、合計8%分のポイントが付きます。定期的なものはほぼ楽天市場ですので、かなりポイントがゲットできます。

私の場合、楽天市場と通常店舗で安い方で買い物をしますし、かなり買い物は集約して、6年間くらいで40万ポイントくらいの還元を受けています。この調子3倍の18年使えば120万ポイントの還元をもらえる可能性もあります。ただの支払いだけをしてこんなにポイントがもらえるのならやらない手はないと思います。

そして、サブのカードもあるといいかもしれません。コストコで良く買い物をするならコストコでカードを作る。イオンでの買物が多いならイオンカード。というようにライフスタイルに合わせてカードを選ぶと良いかもしれません。

4ー2、電子マネーの活用

ここ1、2年でかなりの電子マネーが乱立していてどの電子マネーを使ったらお得なのか分からない感じですよね。しかし、この乱立時期にお得に買い物をするためにはこまめに情報をチェックして、素早く乗り換えるというのも得策です。例えば、PayPayが利益還元キャンペーンをしたらPayPayの利用を始める。おそらくこれで5,000円くらいお得に買い物で来たと思います。それからLINEペイのキャンペーンがあればそちらに乗り換える。

とはいえ、新興の電子マネーは使えない店舗がまだ多いようです。その点はチェックする必要があります。

私が実践している電子マネーの活用術はnanacoとセブンカードの組み合わせです。セブンカードからnanacoへチャージしてそのnanacoで税金の納付ができるので支払いをします。そうするとクレカのチャージした分の0.5%がnanacoポイントとして還元されます。これで、固定資産税と自動車税と所得税を支払うとかなりの金額を払うことになり、良い感じのポイントの還元ができるというスキームが完成します。ただ、現金で払うよりお得になりますし、毎年継続することが大切だと思います。

4ー3、ポイントの有効活用

ポイントの有効活用についてはあまり深掘りすることができませんが、私のやっていることをご紹介します。

まずは楽天の楽天Edyです。楽天Edyは通常チャージして使うものですが、私は楽天ポイントをEdyにチャージします。このチャージするタイミングは「チャージ額に2%上乗せキャンペーン」の時にポイントを移行します。10,000ポイントでも200ポイント分にしかなりませんので大したことはないですが、ないよりは良いですよね。

それから、Tポイントです。過去の記事にも書いたかもしれませんが、Tポイントはお得に買い物ができるのです。それは、ウェルシアで月に1回だけ、Tポイントを1.5倍の換算で使うことができます。例えばお会計が3,000円だったとしたら、2,000ポイントで支払いが済んでしまいます。こうして使うと33%OFFになる計算です。この買い物方法が一番賢い買い物方法ですが、Tポイントが無限にあるわけではないので、Tポイントがあるときはこのようにお買い物をしています。

長々と書いてきましたが、私がやっている実際のものからネット上で見つけたものを書いてきました。こういう小さい積み重ねで小銭を貯める方法があります。

ここまで読んで頂いた方は資産形成や将来にお金を少しでも多く残したいと考えているのだと思います。アンテナの高い方と一緒にお金を残すための行動をとっていきたいと思っています。

私のツイッターで情報更新のお知らせをしていますので、よろしければシェアしていただければと思います。

5、資産構築に必要なマインドを持つ

ここまで読んでいただいたとしても、「何から初めていいか分からない」「そんなやる時間もお金もない」「今の生活で満足」というように考える方も多いかと思います。それはそれで良いことだと思います。困るのは自分で、誰も助けてくれる人はいません。唯一国の公的セーフティーネットを使えば食べるのに困ることはなくなりますが、そこまで積み上げてきた人生がそんな風に終わるなんて考えたくないでしょう。だから重い腰を上げて始めるべきなのです。

私は14年前の20歳の頃からお金を稼ぎたくて投資をしています。しかし、いまだに仕事をリタイヤするだけの蓄えはありません。

数年で稼げるようになる人はごく稀です。だからこそ、少しずつ初めて大きく資産形成をしていくのです。この考え方に行き着くまで14年かかりました。私自身今、取り組んでる最中です。出来るだけ若い時から投資を始めるとその分、育児が落ち着く頃にはゆとりのある生活が送れるようになるとかが得ています。というかそのために投資をしています。

では、どのような思考法をすることで投資脳になっていけるのか?

以下を考えていきます。

5ー1、自分の考え方を大衆と一緒にしない。

世間と同じことをしていたら、同じようにジリ貧で苦しむことになります。

よくある例は、「同じ部署の◯◯さんが■■生命に入ったから私も同じように入っておこう」というよくあるやつです。この時点でお金に対して思考停止しています。保険は人それぞれ違うべきでしょうし、コストをよく見極めてから加入するべきだと考えています。

その保険にかかる営業さんの人件費、広告費、コールセンターなどなど、調べてみると何が自分に合っているかが分かってきます。お金に関して賢くなるべきだと私は思います。

5ー2、目標(ゴール)設定をする

ゴール設定はやや高めでも低めでもいいと思いますが、設定することに意味があります。

例えば、「あと20年で資産残高を3,000万にする」という目標を立てます。この先は事業経営者であればあたり前のことかもしてませんが、目標をたて、実行し、見直し、再実行する。この流れを繰り返すとゴールに到達できます。目標のために今何をするか?今何が足らないか書き出すと改善がしやすいです。しかし、投資の世界において、毎月◯%の利益を出す・年利◯%の運用をする。と設定してもうまくいかないことは当然あります。しかも、目標達成のために無理なトレードをすることによって返り討ちにあうこともあるでしょう。したがって投資での目標は自分の首を絞めかねないので無理は禁物です。それより、相場から退場しないように心がけることの方が大事なのです。

ちなみに相場は自分が最大限の努力をしても報われないことがよくあります。この努力は相場とは無関係なのです。それより、勝率のいい投資を淡々と少しづつ積み重ねる方が大事で、1年、2年で億り人になれるのは、ほんの一握りの人なのです。淡々と続けましょう。

それより、堅実なのは生活費を見直して、節約し、浮いたお金を積み立てる方が利益率は高くなります。または小売業やサービス業などのように自分で開拓の余地がある分野で努力する方が再現性が高い可能性があります。(再現性とはAさんの事業モデルをBさんやCさんが真似すること)

私はというと50代で資産を生んでくれる資産を3,000万円分持つことが目標です。なので、節約もしますし、投資もします。売ったり買ったりもしています。相当なラッキーがない限り、資産はすぐに増えません。淡々とトレードを繰り返すという思考を持っています。

5ー3、資産を残している人のマネをする

これはかなり勉強になります。例えば、資産形成セミナーに行って講師の話を聞いてみます。理論的で再現性のある話だと判断できれば、今度はそれを自分が実践する。これだけです。

要は、自分の頭だけで運用を考えているから今の収益にとどまってしまう。自分の頭で考えるから今の年収なのです。もっと年収の高い業種に移れるかもしれないし、副収入を得るノウハウを教わることができるかもしれないので、資産を築いた人のマネをしたり、人の話を聞くのは効率がいいです。私自身も、セミナーに参加したり、YouTubeで成功している人がどんな思考をしているのか、どんな手法で成功しているのかをよく情報収集しています。私はこれを半年くらいしか続けていませんが、だいぶ詳しくなったように思います。

これも、淡々と情報収集して、実践してみるを繰り返して自分にあう手法を作り上げていくことが一番いいだろうと考えています。

5ー4、メタ認知を活用する

最後に「メタ認知」の話を少しします。

心理学的にはこの行動はとても有効で、自分の行動を振り返ることをメタ認知といいます。または「この選択はベストかベターかどうだろう?」と自問自答することに意味があるとされています。トレードでロスカットが多くなった時、感情的にエントリーするのではなく一息ついてから冷静にエントリーポジションを見極めてからエントリーをする。このようにメタ認知を活用すると無駄なロスカットが減るようになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

上記のように過去の私がこのことを知っていたらもっと早く目標を達成できたのではないか?

ということでこの記事を書いてみました。参考にしていただけたら幸いです。

たまに投資状況の報告記事なども挙げていきたいと考えています。

更新のお知らせを知りたい方は私のツイッターでフォローしていただくと更新情報がわかるようになりますので、ぜひやってみてください。

それでは。。

ABOUT ME
アバター
クレイフィールド
群馬県出身、群馬県在住、福祉系大学卒業後、商品先物取引の営業を経て福祉職へUターン。現在は病院の関連施設で福祉職として働いている30代サラリーマンです。私が30年後の明るい将来を叶えるために今すべきこと、現在進行形で実践していることを書いていきます。投資、副収入サイト、法人とのアライアンスなどを紹介しながら、成功するまで突っ走る予定ですのでご参考にしていただけたら嬉しいです。
クレイフィールド/年収400万のサラリーマン/セミリタイア目指す/米国株/トラリピ/高配当積立投資
YouTubeチャンネルもあります!!